各種消火設備【関東防災設備株式会社】

スプリンクラー設備

スプリンクラー設備は、天井面や壁面に取り付けたスプリンクラーが熱を感知し、
自動的に水を放出して、火災の初期消火を行います。
スプリンクラー設備は自動的にヘッドが開口放水するので、夜間などの人のいない
場所でも火災が大きくならないうちに消火することが出来ます。

  • スプリンクラー設備
  • スプリンクラー設備

泡消火設備

泡消火設備は、感知用ヘッドといわれるスプリンクラーヘッドが火災時の炎の熱を
感知すると、泡薬剤混合装置で水と混合された泡薬剤がフォームヘッドまで
送られます。そして、フォームヘッドで空気を吸引して空気泡を発生させ、その泡の
冷却効果や窒息効果などの性質を利用して消火します。
泡を連続的に放出できるので、放出された泡は火災部分を自由に流動し消火します。
また、放出した泡は長時間残るため、燃えていない部分に泡を放出して延焼を
防止する働きもあります。

  • 泡消火設備

水噴霧消火設備

水噴霧消火設備は、噴霧ヘッドから水を噴霧状に放射し、火災を消火する
消火設備で、冷却効果・窒息効果に優れている為油火災に適しています。
駐車場等に用いられます。

  • 水噴霧消火設備

不活性ガス消火設備

不活性ガス消火設備は、燃焼するのに必要な酸素の供給を妨げる不活性ガスを放出
することによって、酸素濃度を低下させて燃焼反応を不活発にし、さらに二酸化炭素
については炎から熱を奪い温度を低下させる冷却作用により、消火を行う設備です。
電気絶縁性や浸透性に優れ、消火後の水損や汚損も無いため、駐車場や通信室、
コンピュータールーム、ボイラー室などに適しています。

※ガス系消化剤の主な種類
現在使用されているガス系消火剤を大別すると、二酸化炭素、窒素、アルゴンの不活
性ガス単体または混合体で構成されるイナート系(不活性ガス系)消火剤と、ハロゲン
元素(臭素、フッ素など)、炭素、水素の化合物であるフッ素系(ハロゲン化物系)
消火剤に分類されます。さらにフッ素系消火剤は、臭素(Br)を含むものと含まない
ものに分類されます。

  • 不活性ガス消火設備

粉末消火設備

粉末消火設備は、ボンベに蓄圧された窒素ガスや二酸化炭素で、噴射ヘッド又はノズル
から粉末消火剤を放射し、消火薬剤の空気遮断による窒息効果、燃焼の継続を
抑制する抑制効果により消火を行います。油火災から普通火災まで幅広く対応でき、
安全で信頼度の高い消火を実現します。

  • 粉末消火設備

屋内消火栓設備

屋内消火栓設備は、火災が発生したときに消火栓の起動ボタンを押してポンプを起動
させ、消火栓ボックス内に格納されているホースを用いて放水し、人の手によって消火
活動を行う設備です。
火災が拡大し、消火器では消すことが困難な場合などに有効です。屋内消火栓には、
基本的に2人で操作する1号消火栓と、操作が容易で1人でも操作可能な2号消火栓が あります。

  • 屋内消火栓設備

ドレンチャー設備

ドレンチャー設備は、特に建物の開口部に設置され、ドレンチャーヘッドからの放水
により水まくをつくり火災の延焼を防止します。
建築物の耐火構造でない部分や重要文化財の神社、仏閣などにも使用されます。

  • ドレンチャー設備

連結送水管 

連結送水管とは、火災時に消防隊が消防ポンプ自動車のホースを送水口に接続して、
屋内に設置された放水口へ圧力水を送り込む設備です。高層建築物や
アーケード等で火災が発生した場合など、地上からの放水が届かない階における
スムーズな消火活動を実現します。

  • 連結送水管 

消火器具

消火器具は、水や消火剤を圧力により放射して、人の手によって消火活動を行う器具
です。
消火器には、

■木材等の一般火災用(普通火災用)
■天ぷら油・ストーブ等の火災用(油火災用)
■電気配線等の火災用(電気火災用)

があります。いざ火災が発生したときに速やかに対処できるように、普段から操作方法
をよく理解しておくことが重要です。

  • 消火器具

危険物施設の消火システム・産業機器用の自動消火システム等

溶剤を扱う印刷ライン等、危険物を設置する建物に付帯する消火設備(ガス系・泡・
粉末・水系)の中でそれぞれの建物に見合ったプランをご提案します。
(危険物設置許可申請に伴う消火設備)

  • 危険物施設の消火システム・産業機器用の自動消火システム等

簡易自動消火設備(ダクト消火設備)

厨房には、天ぷらや炒め物など火災発生の原因となる油脂を含む蒸気が大量に発生
します。これらの蒸気がグリスフィルターに付着し、ダクト内に延焼することによって、
ビル火災などの大惨事を招きかねません。実際、ダクト火災のうち、
厨房排気ダクト火災がその大半を占めています。このような厨房・ダクト火災を
防止するのが、簡易自動消火設備 (ダクト消火設備です。)

  • ダクト消火設備
    ダクト消火設備

パッケージ型消火設備

消火薬剤貯蔵容器・起動装置・加圧用ガス容器・ホースなどを1つのパッケージに
収納した設備で屋内消火栓設備の代替消火設備として用いられます。

  • パッケージ型消火設備
  • パッケージ型消火設備