警報設備【関東防災設備株式会社】

自動火災報知設備

自動火災報知設備は、感知器が火災の熱や煙を自動的に検出し、その感知信号を
受信機へ送るとともに各階にある音響装置(ベル等)を鳴動させることによって、
建物内の人々に火災発生を知らせて安全な場所への避難と消火活動を促す設備です。

感知方式には、
■火災による温度変化を感知するもの(熱感知器)
■火災により発生する煙を感知するもの(煙感知器)
■炎から発せられる光を感知するもの(光感知器)の、3種類の方式があります。
非常放送設備や防火排煙設備、各種消火設備などと連動しているものもあります。

  • 自動火災報知設備

ガス漏れ火災報設備

ガス漏れ火災報設備は、検知器で燃料用ガスや自然発生する可燃性ガスの漏れを
検知し、そのガス漏れ信号を受信機に送るとともに、警報器(ブザーなど)や表示灯で
建物内の人に知らせ、ガス爆発などによる火災を未然に防ぐ設備です。
空気より軽い軽ガス(都市ガス)用と、空気より重い重ガス(プロパンガス、LPガス)用
があります。

  • ガス漏れ火災報設備

消防機関へ通報する火災報知設備

火災が発生した際、自動又は手動で操作することにより、電話回線を使用して消防
機関を呼び出し、蓄積された音声情報によって火災が発生した事を通報する設備です。
あらかじめ録音したメッセージにより施設の住所や名前が伝えられるため、消防機関
への迅速で確実な通報が可能です。

  • 消防機関へ通報する火災報知設備